LDL 悪玉 コレステロール 下げる サプリ サプリメント

悪玉コレステロールを下げるサプリメント|LDLコレステロールとは

悪玉コレステロールを下げるサプリメント|LDLコレステロールとは

毎日続けることが大切!LDLコレステロールを下げる食べ物とは?

血中のLDLコレステロールが高い状態が続くと動脈硬化が徐々に進行し、脳血管障害や心疾患のリスクが高まるので、健康診断でLDLコレステロールが高めと診断されたときには早急な対策が必要です。
LDLコレステロールを下げるには、毎日適度な運動を続けるとともに偏った食事に注意するなど生活習慣を改善することが有効ですが、LDLコレステロールを下げる食べ物も存在するので、こうした食べ物を積極的に摂取することも生活習慣病を予防する有効な手段となります。

 

たとえば、サバ、サンマ、マグロ、カツオなどの青魚に多く含まれているEPAやDHAには、血中の余分なコレステロールを回収する役割をするHDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールの上昇を抑える働きがあります。
また、DHAとEPAには血液を滑らかにして血栓ができるのを予防する働きがあるので、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを下げる効果も期待できます。
魚が苦手な方は体内でDHAやEPAと同様の働きをする亜麻仁油やえごま油を食べるのがお勧めです。これらは酸化すると効果がなくなってしまうので加熱せずに食べる必要がありますが、1日小さじ1杯(5cc)程度でも十分な効果が期待できるので、忙しくて食事に時間をかけられないときには、野菜ジュースや豆乳などの毎日飲んでいる飲み物に入れて飲むとよいでしょう。

オメガ3脂肪酸にはコレステロールや中性脂肪の値を下げる関係も

オメガ3脂肪酸は必須アミノ酸の一つとなっており、DHAやEPAなどの成分が含まれることで有名です。オメガ3脂肪酸は魚などに多く含まれており、積極的に摂取することが勧められている成分です。オメガ3脂肪酸は摂取すると、コレステロールや中性脂肪の値を下げる関係があることが分かってきているからです。コレステロールや中性脂肪の値が高いと、多くの生活習慣病や成人病を引き起こす原因となってきます。コレステロールや中性脂肪が多いと血栓ができやくなり、血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞が起こるリスクが高まるからです。また、オメガ3脂肪酸は摂取すると血液をサラサラにしたり、血圧を下げる効果が期待できます。そのため、オメガ3脂肪酸を日頃から摂取をして、コレステロールの値を下げたり、血圧を下げることが大きな病気の予防に繋がってきます。しかし、オメガ3脂肪酸を食物から十分な量を摂取することは難しい状況があります。そのため、オメガ3脂肪酸はサプリメントという形で摂取をすると、1日あたりの必要量を簡単に摂ることができるようになります。また、サプリメントであれば継続的に摂取することが容易となり、長い目で見て健康に役立つことが期待できます。

オメガ3脂肪酸を摂取することにより得られる効果

3大栄養素の中に含まれる脂質には、大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。飽和脂肪酸は肉類などの動物系の脂が該当し、常温で固まるのが特徴です。それに対し、不飽和脂肪酸は、魚類やオリーブに含まれる油をさし、常温でも固まりにくく、サラサラしています。
この中でもオメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸のグループの1つにあたり、ドコサヘキサエン酸 (DHA)、エイコサペンタエン酸 (EPA)α‐リノレン酸など、栄養素の高い成分が含まれています。
特にDHA・EPAは、血中のコレステロール値や中性脂肪を下げる役割があるため、昨今様々な健康食品に含まれています。また脳の活性化や認知症予防にも最適な栄養素です。他には、便秘予防やダイエットにも効果がありますし、またα‐リノレン酸には、うつ病の予防効果があります。
このDHA・EPAが含まれている食品として大変有名なのが、サバやイワシなどの青魚系の料理です。またα‐リノレン酸の場合は、えごま油や亜麻仁油などに含まれています。
ただし、これらの食材をなかなか普段は取りづらいという人には、オメガ3脂肪酸、とりわれDHA・EPAが含まれたサプリメントを別に購入して摂取してもよいでしょう。サプリメントに関してはこちらのLDL(悪玉)コレステロールを下げる対策サプリメント比較が参考になると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ